あおいの切迫日記

切迫妊婦の妊娠・育児記録

切迫入院日記26 妊娠28週 点滴針が痛い①

f:id:kart06650:20171017104215j:plain

f:id:kart06650:20171017104225j:plain

*3年ほど前のお話になります。

当時の記憶を出来る限り思い出して書いていきたいと思います。

病院の治療などは実際と多少の異なる場合があるかもしれません。

(うろ覚え部分があり)その場合はご容赦ください。

 

                                 

 

入院50日目 妊娠28週

ついに8ヶ月になりました。

 

入院生活も長くなり、腕の血管もだんだん脆くなってきたのか

点滴に関する不調が増えてきました。

明け方五時頃、腕の痛みで目が覚めました。

点滴針を刺しているところの痛みでした。

数日前より少し痛みが出ていたのですが、

湿布を貼ったりして、差し替えを出来るだけ伸ばそうと我慢していました。

しかし、とうとう限界が来たようです。

 

早朝で申し訳なかったですが、ナースコールを押しました。

差し替えをお願いすると、今は助産師さんがいないので、

いつもの点滴針での差し替えが出来ないと言われました。

助産師さんは数人しかいないので、分娩の患者さんがいないときは

夜から朝までいないときがあります。

夜中に分娩があるときや急患の時は担当の助産師さんが呼び出されてくるらしい)

 

話を聞くと、いつも刺している点滴針は留置針といって

刺した後、針を抜くので血管内には柔らかい部分だけ残るため、

多少腕を動かしても痛くない。長期間用。

しかし、そのタイプの差し替えは院長先生と助産師さんしかしては

いけないことになっているので、今いる看護師では出来ない。

助産師さんが来る8時過ぎまで待つか、

短時間用の翼状針タイプを使うか聞かれました。

 

助産師さんが来るまで、3時間以上も点滴をしないなんて、

お腹が張りそうで怖かったので、翼状針タイプで差し替えをしてもらいました。

しかし、このタイプは針が直接血管内に入っているので、

ヘタに動くと超痛いのです・・・

 

                    ②へつづく。

 

↓ランキングに参加しています。よかったら応援お願いします。 

 にほんブログ村 マタニティーブログ 切迫流産・切迫早産へ

にほんブログ村

入院小話5 入院食

f:id:kart06650:20171013105843j:plain

f:id:kart06650:20171013105855j:plain

*3年ほど前のお話になります。

当時の記憶を出来る限り思い出して書いていきたいと思います。

病院の治療などは実際と多少の異なる場合があるかもしれません。

(うろ覚え部分があり)その場合はご容赦ください。

 

                                      

 

切迫入院日記21で朝食の文句を色々書いていますが、

私の入院していた病院は基本的に食事はすごくおいしかったです。

産婦人科で病人食では無かったからかもしれませんが、

味付けもおいしかったですし、ボリュームもかなりありました。

 

中でもよかったのが、

入院した日から携帯で食事の写真を撮っていて気づいたのですが、

同じメニューが全然出てこなくて毎回献立が違いました。

(カレー、シチュー、ハヤシライスなどは週一で交代でありましたが

これも具材が毎回違いました)

なにが出てくるのかが毎日の楽しみでもありました。

(*ナースステーションに週ごとの献立表が貼られているらしいのですが、

切迫のため見にいけませんでした。)

 

二ヶ月経った頃にやっと同じメニューが出てきました。

どうやら8週ごとに献立が変わっているようでした。

長期入院の者にとってはこれは非常にありがたかったです。

総合病院などでは、二週間ごとや長くても一か月ごとのローテーションが

多そうなので、飽きないように献立を工夫してくれていることに感謝でした。

 

ちなみに入院中一番おいしかった献立は「ブリの照り焼き」でした。

魚は飽きて拒否していた私でしたが、この「ブリの照り焼き」だけは

めちゃくちゃおいしくて味付けも柔らかさも最高でした。

レシピを聞きたいくらいでした。

(2回ほど食べましたがどちらもおいしかったです!)

 

そして、私はローテーション3回目での退院となりました。

 

 

↓ランキングに参加しています。よかったら応援お願いします。 

 にほんブログ村 マタニティーブログ 切迫流産・切迫早産へ

にほんブログ村

二人目の妊娠記録11 コウノドリ

コウノドリ」のドラマがいよいよ始まりますね。

www.tbs.co.jp

私と夫は「コウノドリ」コミックスのファンです。

 

 思い返せば三年前、一人目の切迫早産で入院中に

テレビで紹介されていて「コウノドリ」を知りました。

すごく読みたいと思っていたのですが、

あまりにリアルで泣ける・・等々皆さんの感想聞いて

妊娠中に読んで動揺するかも・・・と思って読むことが出来ませんでした。

(当時はメンタルがかなり弱っていましたので・・・)

 

息子を出産後、数ヶ月して本屋で一巻を購入して、読んでみると・・・

大ハマりしてしまって、すぐに全巻を揃えました。

夫にも無理やり読ませました。

同じくハマってしまい、夫婦とも「コウノドリ」の大ファンになりました。

新刊発売と聞くと、すぐ買いに行くようになりました。

もちろんドラマも見ましたし、永久保存版で録画して残しています。

 

もし、まだ読んでいない方がいましたら、お勧めですので読んでみてください。

そして、ぜひぜひ旦那さんにも読んでもらってください。

本当に考えされられるお話ばっかりです。

 

ここからは「コウノドリ」19巻の感想を少し書きたいと思います。

*ネタバレありです。

 

いままでは、非妊娠時に読んでいたので、

切迫早産で入院のお話などで共感できることや

考えされられることは色々ありましたが、一歩離れて読めていましたが、

妊娠中に読むと、どうしても自分のことと重ねすぎてしまって、

55話の「羊水塞栓症」の話を読んで怖くなってしまいました。

特に自分は、高齢出産だし、前回帝王切開のため、今回も帝王切開になるし、

もはや他人事とはとても思えず・・・

 

前回の切迫早産、長期入院、胎盤早期剥離を経験し、

無事に妊娠、出産を終えることは本当に奇跡なんだな・・・

と嫌というほど実感しました。

今回は現在28週に入り、なんとかここまで順調に来ることが出来ましたが、

これからどうなるかは無事に出産するまで、出産してからも

どうなるかわからないんだな・・・と改めて考えされられました。

 

無事に赤ちゃんを産みたい、そして自分も生きていたいと本当に思います。

 

 

 

でも、まあ色々考えてしまいますが・・・

ドラマが始まったら観るだろうし、コミックスも新刊が出たら

読んでしまうんだろうな・・・と思います。

 

 

 

↓ランキングに参加しています。よかったら応援お願いします。 

 にほんブログ村 マタニティーブログ 切迫流産・切迫早産へ

にほんブログ村