あおいの切迫日記

切迫妊婦の妊娠・育児記録

切迫入院日記6

f:id:kart06650:20170727230745j:plain

f:id:kart06650:20170727224703j:plain

*3年ほど前のお話になります。

当時の記憶を出来る限り思い出して書いていきたいと思います。

病院の治療などは実際と多少の異なる場合があるかもしれません。

(うろ覚え部分があり)その場合はご容赦ください。

 

                                      

 

 

入院して一週間経ち、妊娠22週目に入り

切迫早産になりました。

そして、エコーでの検診のときに

子宮頸管の長さが21ミリになっていることが分かりました。

正直、この時初めて子宮頸管の長さを知りました。

先生はこの早い段階(22週)では子宮頸管の長さは

調べないものだと言っていました。

他の方のブログを読んでみると、もっと早い段階から

調べている病院もあるので、

各病院の方針次第なのかなとも思います。

自分の子宮頸管の長さがどのくらいなのか気にはなっていました。

でも、怖くて自分からは聞けませんでした。

短いだろうなとは思っていましたが、思ったとおり

短くなっていて、とてもショックでした。

その後、先生より早産を防ぐために、

子宮頸管を縛る手術を受けることを提案されました。

 

検診の後、悩みながら携帯で色々調べてみました。

手術を受けたことで、状態が安定し

退院できた人が何人もいましたが、

この手術自体の刺激により、そのまま早産になる

可能性があることもわかりました。

また、この手術は通常は予防的に

もっと早い段階で受けるらしいことも分かりました。

 

夫婦で悩んだ末、今産まれてしまったら赤ちゃんは助からない。

手術を受けることで、少しでも長くお腹にいてほしい。

そして、手術を受けるなら出来るだけ早い方がいいということになり、

手術を受けることに決めました。