あおいの切迫日記

切迫妊婦の妊娠・育児記録

切迫入院日記16 看護師Kさん再び

f:id:kart06650:20170911123915j:plain

f:id:kart06650:20170911122139j:plain

*3年ほど前のお話になります。

当時の記憶を出来る限り思い出して書いていきたいと思います。

病院の治療などは実際と多少の異なる場合があるかもしれません。

(うろ覚え部分があり)その場合はご容赦ください。

 

                                      

 

入院22日目

妊娠7ヶ月に入りました。

少しでも週数が進むとうれしくなりました。

前日にシャワーも浴び、シーツ交換もしてもらい、

久しぶりにスッキリした気分でした。

 

そして、一日一回になっていましたが、

おしりの注射もまだ続いていました。

その日の注射の担当は私の苦手な看護師Kさんでした。

若干不安を感じつつ注射が終わりました。

いつものようにおしりをよく揉んでいると・・・

 

指に違和感があり、見てみると少し血が付いていました。

持っていた手鏡でおしりを見てみると・・・

なんと、絆創膏が傷口(刺したところ)に貼られておらず

刺した痕がそのままで、そこから血が出ていました。

 

やっぱりな・・・と思いながら絆創膏を貼り直しましたが、

看護師さんも忙しいから間違いもあるでしょうが、

長い入院生活で、貼り間違えをした

看護師さんはKさんだけでした。

 

やはりKさんが来たときは

注意しようと再び心に誓うのでした・・・

 

にほんブログ村 マタニティーブログ 切迫流産・切迫早産へ
にほんブログ村