あおいの切迫日記

切迫妊婦の妊娠・育児記録

切迫入院日記18 NST

f:id:kart06650:20170914115243j:plain

f:id:kart06650:20170914122746j:plain

 *3年ほど前のお話になります。

当時の記憶を出来る限り思い出して書いていきたいと思います。

病院の治療などは実際と多少の異なる場合があるかもしれません。

(うろ覚え部分があり)その場合はご容赦ください。

 

                                 

 

入院26日目 妊娠24週

初めてNST(ノンストレステスト)をしました。

 赤ちゃんの心拍数を調べたり、お腹の張りを調べる検査です。

 

移動しなくていいように部屋まで機械を持ってきてくれました。

お腹に機械を装着するときは上を向いて付けて

そのままではお腹が張るので

その後、横を向いていいことになりました。

機械の装着はまだまだ赤ちゃんが小さいからか

赤ちゃんの心音が聞こえる位置を探すのが大変でした。

 

無事に装着して、しばらくじっとしておきます。

看護師さんもいなくなり、機械から紙が出てくる音と

赤ちゃんの心音だけが聞こえていました。

赤ちゃんが動くとすごく大きな音が出てビックリしたり、

心拍数が上がったり下がったりの変化を見ながら、

本当にお腹に赤ちゃんがいるんだな~と

なんともいえない不思議な感覚の中で初めてのNSTが終了しました。

最初はたったの20分でしたが、あっという間に過ぎた気がします。

 

この日から、毎日NSTを付けることになりました。

毎日、赤ちゃんの心音が聞けて、

赤ちゃんが元気かどうか分かるので安心出来ましたが、

機械を30分から長い時は1時間くらい付けっぱなしだったので、

長時間同じ姿勢を続けることがちょっと辛かったです。

(トイレに行きたくなっても行けないのも困りました・・・)

 

あと、赤ちゃんの心音をひたすら聞き続けると

心地よくて眠気に襲われることもしばしば・・・

 (そして、胎動の音で目覚めます)

 

でも、赤ちゃんを感じられる貴重な時間になりました。

 

にほんブログ村 マタニティーブログ 切迫流産・切迫早産へ
にほんブログ村